転職してよかった事はなんだろな

私は数年前に転職をしました。転職をしようと思った理由は、給料がとても安い、残業が多い割にサービス残業ばかり、会社の人とあまり上手く行っていなかったです。転職するのはすごく勇気がいることだし、もし転職して失敗してもっと自分に合わない会社だったらどうしようかとすごく悩みました。

 

だけど、転職のことを考えれば考えるほど以前の会社が嫌になり、転職したいと思うようになりました。人生は一度しかないし、やりたいことをやらないと損をする!と思い、転職することにしました。

 

転職先はとてもいい会社でした。
周りの人もすごく優しいし明るい会社で、残業代もきっちりつくし、一番よかったと思うところはやりがいがある仕事だということです。転職するまでは本当に悩みましたが、今は転職してよかったなとすごく思います。転職してからは毎日が楽しくなりました。

 

誠実に対応してくれない会社がほとんどです。

よく適性検査をすると思うのですが、あれが一体どれくらい試験に影響しているのか知りたいです。結局のところ、面接と筆記試験が重要なのではないかと思います。「特別な理由がない限り、雇用条件に年齢制限を設けてはいけない」というルールがあるせいか、「年齢不問」になっているにも関わらず、年齢的な問題で落とされるのが納得いかないです。最初からちゃんとした求人を出して、書類選考もちゃんとしてほしいです。

 

書類に書いていることを、「知らなかった」みたいに言われると腹正しいです。転職活動にもお金も時間も削られるということをしっかり頭に入れて頂いた上で、ちゃんと選考して頂きたいものです。一番ひどかった面接の経験としては、ちゃんと面接時間に行ったにも関わらず、2時間も待たされてしまった経験があります。面接も一方的に話されて、こちらの話は全く聞いてはもらえませんでした。約束事項を守れない企業は、信頼性が保証される機関のHPなどで、今までの実態などを公開してほしいものです。

 

自分の一番大切な事

私は新卒で某ベンチャー企業に正社員として就職し、その後医療ソーシャルワーカーの仕事に転職しました。ベンチャー企業に入った理由は働くにおいて自分自身を最優先したかったからです。なので私は一番自分が自分らしくいられてかつ、自分がどんどん成長できる会社に就職しました。確かにとても早いスピードで成長していきました。たくさんの自分で自らの会社を立ち上げ、社会貢献してきた方からも話を聞くことができました。

 

しかし、自らのプライベートはありませんでした。私は仕事と仕事でないことの区別がつかず悩みました。そして転職を決意しました。転職し、自分の成長ということより人生を楽しむ!ということを第一に考えました。仕事の拘束時間や給料を第一に考えて仕事先を選びました。すると、毎日が楽しかったです。たしかに成長の速度は遅かったかもしれませんが、たくさん笑うようになりました。ストレスもなく、仕事とプライベートがしっかりと区別できるようになりました。

 

転職するきっかけは人それぞれ違うと思いますが、今の会社がいやだと思う方はなぜその会社に入ったかということを思い返した上で、次、仕事に就くときは同じ気持ちが会社に入らないように見方をかえてしてみるといいと思います。

 

ちなみに私は転職をして給料や成績はあがりました。

 

軽い復讐になるのかな、それともきついのは自分?

会社の仕事やノルマがきつくなってくると、どうしても会社に恨みができてくることがある。
これは自分の生き方や姿勢が謙虚でないからなのだろうか、でも、どうしても会社側あるいは直近の上司が、自分の能力をうまく安価で使ってやろうとしている気がしていやになってきてしまうのだ。

 

どうにかして、給与に功労が反映される会社に行きたいが、そんなものは妄言や夢想に近いものだ。いいことしたら報われる、私はそんな普通の流れがほしいのだ。

 

そんなわけで、転職する会社に不満がある際は、退職金が受け取れる最低就業期間を狙い、会社の一番人手のほしいきつい時期に退職を申し出る。くだらない考え方だが、やっぱりどうしても自分が確立したノウハウをタダでパクられ続けることが苦痛でならない。復讐のつもりだが、きっとそんなことは会社にとって痛くもかゆくもないことだろう。それでも私は、うぬぼれを指摘され、自省を促されてばかりいる前に、本当に会社には反省をしてほしいという気持ちは変えられない。

 

人材がほしかったら、細部や末端ではなく大局を見ているのだということを言い訳にしないで、一人一人の働きぶりをよく確認し、どんな末端の従業員にであってもきちんと相応の感謝はすべきだ。それさえあれば、労働力というのは頑張れるものなのだ。不景気対策は政府の政策にかかっているのではない。会社を経営する人、働かせる人、雇う人、指導する人、そんな人たちにかかっている。

 

企業は非正規で雇用したい

正社員での転職をしたい、正社員になりたいと転職活動をしている人はたくさんいると思います。

 

正社員を雇用する場合、企業の側からすると健康保険や厚生年金の企業負担分などのコストが非正規社員と比べて高くかかるのと、非正規社員と比べて解雇をしにくいという点で、なかなか正社員で採用したいという企業は多くありません。

 

雇用される側からすると、健康保険や厚生年金などの社会保険がつくし、解雇されにくいということから正社員で働きたいと望む人が多いと思われますが、長時間拘束される、会社の言いなりにならばければならない、など正社員でいることをデメリットに感じて、敢えて正社員ではなくて非正規雇用の道を選ぶ人も増えてきていると聞きます。

 

どちらが良いかは個人個人のそれぞれの価値観ではありますが、まだまだ社会全体で見ると非正規雇用よりも正社員の身分のメリットのほうが大きいように思いますが、現在進んでいる非正規雇用の数の加速はますます進んでいくと思われます。

 

アベノミクスで失業率が下がったと報道されていますが、増えているのは非正規雇用で働く人の数です。正社員で転職をしたい場合、もしかしたらイバラの道かもしれません。

転職成功への近道

転職はただがむしゃらに適当に行っても上手くいく?

 

残念ながら、そういった心構えでは概ね失敗してしまうでしょう。
転職にはしっかりとした下準備が必要です。

 

転職に関するマナーや知識、そもそもどういった職業を考えているのか、どんな条件が希望なのか・・・・。考えておくべきことは山のようにあります。

 

しかし、初めての転職で何をしていいのか、なんてわからないですよね?
そんな場合には転職エージェントを使うのが一般的です。

 

様々な視点から、転職エージェントの使い方や特徴を比較してくれているので、わからなかったらまずは上位2〜3社ほどに登録してみて下さい。きっとあなたの力になってくれます。

 

専門学校を卒業し正社員へ転職

専門学校に行きながら整骨院でアルバイトとして働いていましたが、資格の取得を機に正社員に転職を考えました。正社員にこだわった理由は、当時働いていた整骨院は社会保険に加入をしていなかった為です。

 

正社員になると社会保険を会社が半額出してくれることが魅力でした。アルバイトの場合、給料に対しての国民健康保険や国民年金の保険料が社会保険に比べて約2倍になってしまうことが厳しかったからです。

 

また、雇用保険も完備されているのも魅力でした。
転職活動は、仕事の合間をみてインターネットの求人サイトに登録したりハローワークに定期的に通うことで求人に応募しました。

 

始めはなかなか応募書類が通らず苦戦しましたが、私の利用していたハローワークは窓口で求人の案内をしてくれただけでなく、応募書類の書き方なども教えてくれましたので徐々に面接に進むことができ、希望の転職をすることができました。
転職活動は大変でしたが、正社員に転職ができ今は満足しています。

 

教師から転職した友人

私の友人は、教師をしていました。その教師というのは、小学校です。そして最初は元気よく仕事をすることができていたのですが、仕事をしている途中で色々なことにストレスを感じる様になり、ついに休職をすることになったのです。

 

そしてそのストレスの主なことは、母親とのトラブルでした。そのトラブルは大したことがなかったのですが、その友人はとても気持ちが優しいので、自分が悪いと思い込み、そのためにその悩みを自分の中に抱える様になったのです。

 

その後、結局元に戻ることができなくなり、教師を辞職することになりました。
そのため、その友人の親戚の人たちからかなり責められたようですが、私としては働くことができなくなったらことは、仕方がないことだと感じたのです。
そしてしばらくしてから、その友人に仕事を紹介してあげたのです。その紹介をした内容は、飲食店で働くのです。そのことを嫌がってなかった友人は、元のように元気に働くことが出来るようになり、今では転職をしたことは本当に良かったと感じています。

 

主婦の産後の転職・再就職

女性でも最近は結婚しても仕事を続ける方が増えてますが、やはり多くの会社では産休制度が活用されておらず、また、女性は結婚したらやめるものという雰囲気が漂っている会社が大半です。

 

現に私が勤めていた会計事務所でもそのような空気になっており、結婚が決まった人、妊娠された方は当たり前のように退職していきました。
医師や看護師、タレントや役員にまで登りつめた方ならともかくとして、やはり普通のOLや販売員が結婚後出産後も同じ職場に復帰ということは難しいのが現実ではないでしょうか?

 

そうなると、転職せざるをえないことになります。私も現在、結婚前とは別の職種に転職し、悪戦苦闘中です。その上、子供が熱を出したら頭を下げて休んだり、本当に辛いことの連続。

 

特に田舎で、更に核家族ともなると行政のサポートが充実していなかったり、家族のサポートが得られず、私が勤めているような某大手小売業、あるいはコンビニやスーパーなどの短時間パートくらいしか働き口がなかったりします。

 

本当はキャリアを積むことと、家事育児が両立できるのならば、結婚前の職場から転職せずに続けたかったという方も少なくないのですが、現実は厳しいのではないでしょうか?

 

私自身結婚前と同じ職場だと、忙しい時期の残業は必須なので無理でしょう。

 

まだまだ男性社会

30歳位までは独身だったし転職もそれほど大変ではありませんでした。ただ、女性は結婚するからと営業の会社を断られたことが何度かありました。やがて結婚して妊娠すると、産後に復帰出来るかと問うと「前例がないから」と言われて妊娠8ヶ月で退職するしかありませんでした。

 

子どもが生まれて2歳を過ぎ、仕事を探しましたが保育園は仕事が決まらないと預かってくれないし預ける親や親戚も居ません。夫は身体に障害があり、仕事も忙しく乳幼児を抱えて出来る仕事は内職しかありませんでした。どんなに頑張っても、月に1万5千円にしかならず。パートの面接に行っても、小さい子が居る方は・・・と断られ続けました。

 

子どもが5歳(幼稚園の年長)になってやっと、閑職になり早く帰れるようになった夫に預けて、夜間のアルバイトに出られるようになりました。そこで離婚しても働き続けましたが、子どもの病気で休むことは独身者が風邪で休むことの何倍もひんしゅくを買います。居づらくなって辞めるしかありませんでした。

 

男性で元気で身軽な人しか、外では働けない世の中だなとつくづく思います。

 

会社に満足をしていますが転職のことを考えることがあります

いい会社で働くことが出来ていると感じてはいるのですが転職を考えたりしてしまうこともあります。だんだんと欲が出てしまうのか他の会社のこととかも気になってしまうのです。

 

正社員でも転職をする人が結構多くいますし正社員転職サイトなんかがとても賑わっていると聞くとより転職のことを意識してしまいます。職種によっては人手不足でとてもいい条件で働けたりするみたいですし転職の情報を仕入れておいて損は無いのかなと感じたりしています。

 

転職をするのはよくないよと言われていた時代とは違って来ているようです。正社員でも転職のことを考えますし実際に転職をする人がいるので自分のやりたい仕事を求めたりするのもいいのだと思います。

 

私ももっと自分に合った会社があるのかもしれないと考えたりしてしまうのです。今の会社に満足をしていますが転職のことを考えることを止めることはないと思います。一つの選択肢として転職ということも考えておきたいのです。正社員に特化した転職エージェントは、
正社員転職エージェントランキング
女性正社員転職ナビ

 

などがおすすめです。

 

40才以上の女性の転職

40才を越えた女性の転職というのは非常に難しいです。私は40才を越えてから、2度転職をせざるおえない状況となりました。自分の意思とは関係なく、会社が倒産してしまったからです。

 

40才を越えてからの転職は厳しいということは私自身が一番よくわかっています。しかも私は事務職の経験しかありません。

 

事務職というのは、女性の人気職であり、しかも若い子の方が断然有利です。女性の私が言うと変かもしれませんが、事務員は会社の花であればいいのです。会社の花であれば、若い方がいいに決まっています。

 

実際事務職の募集に対しては年齢に制限が設けられていなくても、書類選考の時点で、40才ラインで分けられると人事担当をしている友人に聞いたこともあります。
男性なら働きざかりと見られる年代でも女性には不利になってしまうのは不公平を感じてしまいます。40才を越えての転職を考えると男性に負けないスキルを身につける以外にないのかもしれません。

 

女性の方向けの求人情報はとらばーゆにお任せ

女性の方専門の求人情報をお求めであれば、まずチェックしたいのが「とらばーゆ」です。とらばーゆといえば女性専門求人誌として長年にわたって、女性がもっとも活躍する職種の求人情報を扱ってきました。女性のための求人サイト「とらばーゆ」には、他の求人サイトでは見つけることのできない求人情報が多々あります。女性の方がいちばん活躍する部門であるファッションや美容業界をはじめ、看護職や歯科助手など、女性ならではの感性や能力が必要とされている職種の求人に関しては、実績のあるとらばーゆに一任する企業も多いようです。

 

サイト内は女性の方ならではニーズに合わせたコンテンツが揃っています。検索条件も一般的な条件に加えて、女性に優しい職場環境かどうかといったことなども合わせて検索できるような機能が備わっています。また結婚や妊娠出産に伴う雇用形態の変化などについての情報や考察が得られるカテゴリーもあり、働く女性にとっては非常に有益な求人サイトといえます。

 

他の転職サイトと比較した場合、とらばーゆが一際際立っているのは、女性の方の希望とニーズにもっとも沿う形で検索条件などが設定されていることにあります。女性専門求人界の老舗的存在のとらばーゆ、女性向けの転職情報をお探しの方、まずはここをチェックすることをお勧めします。